フィンペシア通販ガイド

薄毛の原因や種類は実に様々です。どのような症状があって何が原因で起こっているのか、その対策についてご紹介しています。

薄毛の原因

男性

薄毛になる原因は一様ではなく、遺伝的なもので致し方ない場合がありえますし、不規則な生活リズムで日々を送っている、不摂生による栄養不足、多量飲酒など、気付かないうちに頭皮によくない行いをしている事が原因にもなります。 髪に良かれと考え行っている行動が実は逆効果だったなんて場合も。 以上のように色々な原因がありますから、対処法も多種多様です。

何が原因で薄毛を発症したか、正しく自分の状態を知る事が重要です。 間違えた治療を行っても効き目は出ませんし、間違えた治療法を続ける間にどんどん症状を悪化させかねません。 ですから、医師の話しを聞く等、まずは原因究明から開始しましょう。

男性が薄毛になる原因

男性が薄毛になる原因として有名なのはAGAでしょうが、AGA以外にも実に様々な原因があります。 薄毛に対して過剰反応をするが故に薄毛を発症させる事もあるらしく、「気にしすぎない」心がけも大切だなと気付く一方、頭皮によろしくない行いを気づかぬ間にしていたらどうしよう・・・と心配にもなります。 自分がもしそうなってしまったとき、原因に思い当る点があれば早く対処出来ますから、育毛剤を使ってさえいれば大丈夫ではなく、プラスαの対策が打てるように知識を増やしておきましょう。

女性が薄毛になる原因

女性が薄毛になる原因には、びまん性脱毛症やストレスが多く挙げられていますが、その他にも、出産後にホルモンバランスの変化で起こる薄毛、ヘアスタイルが原因による薄毛があります。 カラーやパーマのやりすぎは男性もありえるでしょうが、髪を束ねる際に強く引っ張る、長い間髪型が変わらないことで、分け目から薄毛が始まることがあるようです。 髪型を変えたり分け目を変えるなどで回復を見込める症状と言われていますが、こんなにも身近に薄毛の原因が潜んでいようとは衝撃です。

薄毛は遺伝が原因!?

よく周りで、「自分の家系は薄毛が多いから自分もいずれ・・・」といった話しを耳にします。 遺伝で薄毛になることはあるのでしょうか。 結論、薄毛遺伝はありうる事です。 もちろん「絶対」ではなく、可能性があるということです。 ですから、遺伝が自分の薄毛に関わっているかもしれませんし、全く関係ないかもしれません。 薄毛が遺伝する恐れはありますが、必ずではありません。 そして、仮に遺伝していても、必ず薄毛になるとも言い切れません。 自分がそのDNAを持っているか否かは、病院で簡単な検査を受けて教えてもらえます。 もしも遺伝していると判明したら、その時点で対処する早期治療も可能ですから、気になる方は一度受診されることをオススメします。

ストレスによる薄毛の原因

食生活も薄毛の発症に関係があるとご存知でしたか。 野菜嫌いや脂質の摂り過ぎ、深夜の食事や早食いなど、不規則で不摂生な食生活ですと、薄毛になる為の環境を作ってしまいますからお気をつけ下さい。

過度のアルコール摂取による薄毛の原因

多量の飲酒は健康に悪いことは誰もが知る事実ですが、お酒は薄毛の原因にも関わっています。 飲酒すると、体の中に入ってきたアルコール分を分解して無害化するべく、多量のビタミンとアミノ酸が消費されていきます。 それにより毛髪の成長に必要な栄養源が失われ、薄毛が発症しやすくなるという恐ろしい仕組みが存在しています。

喫煙による薄毛の原因

「喫煙=ニコチン=肺癌リスク」など、健康に悪い印象ですが、薄毛に関るのはどういった理由からでしょうか。 喫煙による薄毛は、ニコチンが血液循環を阻害し、体の中のビタミンへ破壊行為を行う事が原因です。 血行不良とビタミン不足は髪の天敵とも言えますから、まさしく薄毛の原因です。

紫外線による薄毛の原因

近年は髪のUVケア対策用商品が売られていることからも分かるように、紫外線は肌以外に髪も傷つけます。 傷ついた髪は向け易いですから、長時間外に出る場合は帽子や日傘などで対策してください。

薄毛にも種類がある

頭

薄毛と言ってもそれを招く原因が一つではないように、生え際から後退していく、頭頂部から徐々に広がっていく、全体的に薄くなる、ピンポイントで抜け毛が起こるなど、薄毛の症状にも様々あります。適切な治療を行う為に、出ている症状と起こった原因を究明することが大事ですから、基本的な知識として薄毛の種類と、原因に挙げられている内容について解説していきます。

額の生え際(M字はげ)

額の生え際が後退してることを「M字はげ」とも言われますが、この症状は額と産毛部分の境目が分かりにくいので、だいぶ症状が進行してからでないと気付くことが難しいようです。AGAにかかっている成人男性によく見られる症状です。

頭頂部(O字はげ)

頭頂部、所謂「O字はげ」は、読んで字のごとく頭の頂から薄くなる症状ですから、鏡では見えにくく、周囲も気付いてあげられない事が多々あります。原因は頭頂部の血行不良の他、先に述べたM字はげの原因とされるAGAも考えられます。

前廊部(U字はげ)

U字はげは、生え際から段々と頭頂部に向けて薄毛が進行していく症状です。先に説明したM字はげやO字はげが更に進行するとU字はげになると懸念されていて、だいぶ深刻な事態です。最も多い原因はやはりAGAです。

円形脱毛症

円形脱毛症は、コインサイズの脱毛斑が突如現れる症状です。 気付いたら出来ていて、数週間したら毛が生えて境目の見分けがつかなくなっていたという経験者もいらっしゃるはずです。よく、原因には過度なストレスと挙げられていますが、他にも免疫機能に異常事態が起きた際や、アトピーが関連している場合があるとのことです。

若年性脱毛症

若年性脱毛症は男女問わず、まだ10代という若者が薄毛や抜け毛を発症することを指します。 男子は遺伝が起因の場合もあるとのことですが、ほとんどは食生活の偏りや、病気、睡眠不足などに関連しているようです。

脂漏(しろう)性脱毛症

異常に分泌した皮脂が毛穴を塞ぎ、毛穴の周りや毛根で起こった炎症が抜け毛の引き金となる症状です。 皮脂が異常に分泌されるのはホルモンの乱れや栄養の偏りなどが要因と言われていて、発症は思春期に多いそうです。

瀰漫(びまん)性脱毛症

薄毛に悩む女性の多くがこの「びまん性脱毛症」を患っていると言われています。 急に症状が進行ことはないですが、頭全体に変化が表れる特徴があり、加齢、過度なダイエット、過剰なヘアケアが主な原因と言われています。

粃糠(ひこう)性脱毛症

ひこう性脱毛症とは、所謂フケと脱毛が合併した症状を指しおり、思春期を終えた男子がよく患うそうです。 原因は明確に分かっておらず、治療は「しろう性皮膚炎」と同じ方法を取ることが多いです。

牽引(けんいん)性脱毛症

これは髪が強く引っ張られる状態を続けることで起こる脱毛症です。毎日同じ髪型をしている方に発症しやすいとされ、特に女性に多いです。引っ張られている生え際の毛が細くなる、抜け毛の増加で地肌が露になってきます。

抜毛症(トリコチロマニア)

髪が抜けていく症状とは違い、抜毛症とは自分で抜毛してしまう症状のことを指します。髪の毛に限らず、眉毛やまつ毛が対象です。 主な原因は何らかのストレスや、満たされない欲求への不満が挙げられています。

産後脱毛症(女性のみ)

赤ちゃんを出産後の女性に現れる症状で、およそ6か月~1年ほどで症状は改善すると言われています。産後ストレスやホルモンの変化が主な原因と指摘されていますが、症状が1年以上改善しない場合は他の事が原因かもしれませんから、医師へ相談してください。

その他

ページの先頭に戻る