フィンペシア通販ガイド

ミノキシジルは市販でも手に入れることが出来る身近な存在の育毛剤です。その正しい使用法や、他の治療薬との違いについて掲載しています。

ミノキシジルとは

錠剤

ミノキシジルは降圧効果がある薬として使用されていましたが、使用していた方たちから発毛の症状が出たと報告があり、発毛剤としての研究が進み、そこで薄毛が改善されると立証され、今では直接塗布するタイプと、飲み薬として多くの人に使用されています。

ミノキシジルは、細胞の分裂を活発にさせ、毛髪の成長を早くしてくれる効能があります。 もとが降圧の為の薬ですから、使用者によって低血圧や眩暈といった体調不良に陥る事もありますから、使う際は体調の変化にお気をつけ下さい。

ミノキシジルの効果

苗

ミノキシジルは、毛細血管を拡大する効能があるので、血の流れを良くし、髪を作る細胞まで大切な栄養や酸素が届くようして、髪が成長する為の環境を整えてくれます。 加えて、ミノキシジルは髪を生成する細胞に直接働きかけ、細胞の分裂を活発にさせますから、髪の成長を早くしてくれます。 日本皮膚科学会においてのAGA治療方針の中でも発毛の効果が承認されていて、プロペシアなどに含まれているフィナステリド成分と並んで、最高ランクの位置に君臨しています。

ミノキシジルの効果が出始めるまで

ミノキシジルには頭皮へ直に塗布する外用薬と、内服薬の錠剤が存在していますが、どちらも即効性はありません。 他のAGAに対する治療薬と同じく、長期間使い続けると効き目が実感できる薬です。 当然個人によって差があり、早ければ3ヶ月で発毛実感という声があるものの、ミノキシジルが効いているかどうかの判断目安は半年と言われていますから、その間は続けなくては意味がありません。

ミノキシジルの効果が出始めるまで

ミノキシジルには頭皮へ直に塗布する外用薬と、内服薬の錠剤が存在していますが、どちらも即効性はありません。 他のAGAに対する治療薬と同じく、長期間使い続けると効き目が実感できる薬です。 当然個人によって差があり、早ければ3ヶ月で発毛実感という声があるものの、ミノキシジルが効いているかどうかの判断目安は半年と言われていますから、その間は続けなくては意味がありません。 早い段階で効果が出なかったと諦めるのはではなく、挫けず様子をみましょう。

ミノキシジルは女性にも効果はある?

女性で薄毛の治療がしたいと考えた際、AGAを治療する薬として有名なプロペシアやフィンペシアは成人男性しか使えませんし、同じAGAを治療する薬とされるミノキシジルは使っても大丈夫なのだろうかと気になるところです。 結果を言えば、女性もミノキシジルは使えますし、きちんと効果も期待出来ます。 ただし、全ての症状に効果があるわけではなくて、特に効き目があると言われているのはFAGAの方です。

ミノキシジルの使い方

頭

高い発毛の効果が出るミノキシジル、正しい使用法を守っていないと効果は半減どころか出ないことも考えられます。 外用薬は頭皮へ直に塗って浸透させていく事が大事ですから、まずは頭皮を清潔にして毛穴にゴミが詰まったりしていない状態にしてから使いましょう。

あとは、医師の指示や各メーカーで定められている量をきちんと守るようにしてください。 内服薬の方は、厳密に言うと降圧剤です。 ですから、血圧低めの方は服用を控えるべきですし、決められた飲み方と飲む量を徹底して守るようにしましょう。

ミノキシジルの副作用

水滴

ミノキシジルはれっきとした薬です。 塗布タイプは日本でも市販しているので手軽に購入出来ますが、薬剤師から買わなくてはいけない医薬品ですから、用法用量はきちんと守らなくてはいけませんし、薬ですから当然副作用も起こりえます。

塗布タイプも服用タイプも、それぞれ副作用はありますから、どういった症状があるのか使用前に理解しておき、使用開始して何かしら異変を感じたときはすぐに対処できるよう知識を付けておきましょう。

一度にたくさ使えばその分効果が上がるということには繋がりませんし、重篤な副作用が出る原因にもなりかねません。 どの治療法が自分に合っているか、効き目は当然として、副作用も知った上で判断していくことを推奨します。

外用薬の副作用

ミノキシジルの塗布タイプを使って出る副作用では、頭皮の発疹やふけ、かぶれなど、聞くだけで痒くなってしまう症状が挙げられている他、驚いたことに胸の痛み、眩暈や浮腫みなども挙げられていました。 塗り薬とはいえ成分が血液に流れて効き目が出てくるわけですから、当然といえば当然なのでしょう。 頭皮の発疹が出てしまう原因は、添加物か、ミノキシジルへのアレルギーだと言われています。 何らかのアレルギーをお持ちの方は事前に医師へ確認する等しておきましょう。

内服用の副作用

続いて、内服タイプを使った場合の副作用ですが、直接体内へ摂取する分強く出る事が考えられます。 ミノキシジルは体全体の血液中を流れて毛を生成する細胞の動きを活発化させるので、頭皮に限らず、体全体に作用してしまうらしく、全体的に毛深くなることが確認されています。

他の症状では、元々血圧を下げるために出されていた薬ですから、血圧が低下して動悸や倦怠感などを感じてしまうことがありますし、不整脈や体重増加も考えられますから、体調の変化に注視しましょう。

ミノキシジルの注意点

男性

ミノキシジルを使う際、いくつか注意すべき事柄があります。 何かしらアレルギーの方、65歳以上の方、内臓に関する病気を患っている方などは使用する場合注意が必要とされていて、特に内臓に関係する病気をお持ちの方は使用出来ないとも言われていますから、医師の判断を仰いだほうがよいでしょう。 また、未成年者、妊娠中もしくは授乳中の方も使用不可ですので、該当する方はお気をつけ下さい。

初期脱毛に関する注意点

ミノキシジルを使用開始後、早いと10日、平均ではおよそ1か月ほど経過しますと、初期脱毛といって、抜け毛が急に増加する時期がやってきます。 これは悪い傾向ではなく、成長の止まった毛が抜けて、新しい元気な毛髪が出てくる第一歩ですから、むしろ良い傾向です。 通常2週間から4週間ほどで成長の止まった髪が全て抜け落ちますので、それ以降も抜け毛の量が減らないときは他の事が原因している可能性がありますから、一度医師などの話しを聞いてみましょう。

未成年は使えない

ミノキシジルの未成年者の使用は禁止されています。 未成年者を対象にした場合に、具体的にどういった副作用が起こるか、十分な資料が揃っていないためです。 成人に比べて未発達な部分もあり、将来的にもどんな影響を与えるのか把握されていません。 ですから、未成年の方が使用する際は、専門医などへの確認が不可欠です。

プロペシアとミノキシジルとの違い

薬

プロペシアもミノキシジルも、薬の作用する場所が違うので、効能も異なっています。 プロペシアは、元気な毛髪だろうとお構いなしに抜いてしまう悪いホルモンを減らし、ミノキシジルは血行促進と、髪を生成する細胞に直接働きかけて早く髪が生えてくるように働きかけます。

ミノキジルの育毛剤

男性

ミノキシジルを含んだ育毛剤には「リアップ」、「ロゲイン」といった、テレビCMなどでもおなじみな商品が多いですから、ミノキシジルという名前にピンとこなくても、これらの商品名に聞き覚えのある方は少なくないでしょう。

リアップ

日本で最も有名とも言えるであろう「リアップ」。 市販で買えるという手軽さに加え、なんといっても発毛の効果を認められている医薬品ですから、絶対的な安心感があります。 今では女性用のリアップジェンヌという商品もあります。

ロゲイン

リアップはロゲインを元にして作られたと言われるように、育毛剤の先駆者として知られています。 ミノキシジルが含まれる量は5%と、リアップX5と同じ量です。 こちらにも女性用の商品がありますが、リアップジェンヌの倍、ミノキシジルが含まれています。

ミノキシジルタブレット

リアップなどの頭皮へ直接塗る商品とは異なり、体の中にミノキシジルを直接取り込む内服タイプが「ミノキシジルタブレット」です。 より高い効き目がありますが、効き目バツグンで副作用もバツグンですから、使用の際は十分に配慮しましょう。

その他

ページの先頭に戻る