フィンペシア通販ガイド

フィンペシアは通販を利用する事でお得に購入する事ができます。効果や副作用、飲み方について解説しています。

フィンペシアは通販がお得

パソコン

国内、海外問わず、薄毛を治療する薬として名を馳せるフィンペシアですが、残念ながら国内では取り扱いしてないため、海外からの購入が必要です。そこで、個人輸入の代行を行っている通販サイトの登場です。海外のお店との直接的な交渉不要、処方箋なども不要で気軽に購入出来ますので、多くの方が利用しています。

当然、商品は国内にストックされていませんから、注文の受け付完了後は現地から直接発送される流れとなります。フィンペシアは、プロペシアと同量の主成分を含むお薬ですが、海外との物価差がある、そして後発医薬品である為、プロペシアに比べて半額以上安値で手に入ります。

薄毛の治療で最も重要なことは「継続して使い続けること」。最低6ヶ月は服用し続けないと効果は期待出来ませんから、同じ成分で同じ効果を発揮することが可能なら、出費を抑えつつ使い続けたいものです。 実際は、毎回かかる病院での診療費や往復の交通費も必要なくなり、出費が少なくなりますから、通販から入手する事のお得感を実感されるはずです。これから治療を検討する方も、国内の治療薬を使用中の方も、フィンペシアによる治療を選択肢に加えてみるのもアリではないでしょうか。

フィンペシアは楽天・amazonでは買えない

最近では、楽天やAmazonといった大手通販サイトで医薬品の取り扱いが増加傾向になっていますが、フィンペシアは販売していません。処方薬を通販や市販で購入することが出来ないことはご存知の方が多いと思われますが、処方薬としてのみ流通しているプロペシアの、後発医薬品であるフィンペシア。含まれる成分が病院で処方されるお薬と同じなので、通販での購入もできません。そもそも、国内では認可されていないお薬ですから、販売を許可されていません。

ではなぜ、ネットからフィンペシアを入手できているのかという疑問が浮かぶところですが、フィンペシアを含め、多くの海外医薬品を扱うサイトは楽天などとは仕様が違い、「個人輸入代行」という分野になります。要は、海外の業者から自分の欲しい薬を取り寄せる作業を代行してくれるサイトということです。

日本の法律でも、自己責任で海外の業者から個人で取り寄せをする事は認められていて、自分で使用する目的であれば購入して問題なしということです。欲しいお薬やサプリメントがどうやら海外でしか手に入らない、自分で海外サイトを開いてみても外国語が読めない、なんて困った時の強い味方として存在しているのが、「個人輸入代行」というサービスです。

フィンペシアを通販で購入するメリット

通販からAGA治療の薬を買うことには、たくさんの魅力があります。まずは値段です。 安い値段で薬を購入できる事が通販利用の大きな魅力となっていて、プロペシアの後発医薬品フィンペシアは、日本では通販でのみ入手可能な薬です。次に、インターネットを使える環境にいれば、どこであろうと買うことが可能ですから、病院へ行き医師に診てもらう煩わしさもありませんそれから、薄毛の治療は長期で薬を飲み続けることが重要ですので、通院していれば必ず必要になってくる診察代や往復の交通費も省くことができます。

更に、時間的魅力もあります。これまでに通販サイトから何かしらの商品を買ったことのある方ならば、10分もかからず注文することが出来てしまいます。注文が完了したらあとは手元に届くまで待つだけですから、時間の短縮になります。しかし、フィンペシアは注文が受け付けられると、海外の業者から発送される仕組みになっており、届くまで日数がかかってしまうことから、10日程かかることもありうると配慮し、ゆとりを持って買うことが必須です。

それ以外の利点は、周囲の人間に気付かれることなく治療の薬を手に入れられるという事です。薄毛の悩みはできることなら周囲に認知されたくないです。専門外来へ通っている場面で知人と遭遇なんてしてしまったら、気恥ずかしく感じる方もいることでしょう。そんな方のためにも、周囲に知られること無く、治療のためのお薬を買える手段として通販はきっと役に立つはずです。

フィンペシアの通販と病院処方を比較

先述しているように、プロペシアの後発医薬品であるフィンペシアがよく取り沙汰される大きな理由は、薬代の安さにあります。病院で処方してもらう場合、プロペシアは、1か月分の薬代の相場がおよそ7,000から10,000円程です。その薬代とは別に、診察費、検査費、病院までの交通費などもかかってくるので、必要経費は更に増えます。

一方、プロペシアと同じ主成分を含んでいるフィンペシアはどうかというと、通販を利用しますので必要経費は主に薬代のみです。1か月分の薬代はおよそ2,000円程と、ドラッグストア等で買える育毛剤や育毛のサプリメントよりも安く手に入ります。また、フィンペシアを一番安く買う方法は「数か月分まとめて買う」ことです。この仕組みを使えば更にお得に手に入るので、とても経済的といえます。

しかし、お試しで1か月分だけ買うのだとしても、2,000円程度ですから大きな抵抗を感じることなく試すことが出来ます。試してみて効果が実感出来た時は続ける価値がありますし、効果を確信出来ないという場合は他の治療法を模索するということも出来ます。どんな治療が自分に一番合うのか、選択肢の幅を広げられるということも通販を使う利点になるのではないでしょうか。

フィンペシアの購入方法

日本でもフィンペシアの利用者が以外と多いのが実情で、皆さん個人輸入をして入手しています。フィンペシアを個人輸入する手段としては、自分で海外の通販を利用して輸入する方法と、 個人輸入の代行をしている業者を通して購入する方法の2つがあります。 いずれにしても通販サイトを使うことが基本になりますが、外国語諸々が苦手という方は、国内の個人輸入代行業者を利用されることをおすすめします。

「個人輸入代行業者」と聞くと「何やら面倒くさそう・・・」という印象を受けがちですが、購入の仕方は通常の通販形式と同じで手軽に出来ますから、利用者も多いです。出費も薬代含めてプロペシアよりも安くおさまりますから、畏怖せずとも大丈夫です。

しかし、フィンペシアはもともと日本で承認されていない品で、当然、国内での品質保持と勝手が異なります。個人輸入代行業者とは、製品の販売をしているわけではなく、製品の輸入を仲介してくれている業者ですから、購入を決める際はあくまで自己責任になることを頭に入れておきましょう。

「信用に値する代行業者を探す」事が最も難しく最も重要な作業ですが、今や個人輸入代行が普通に行われ多くの人が利用している時代です。フィンペシアや、各種薬剤の取扱いにおいて信頼を寄せ評価されている業者もありますから、既に利用している人たちの評価や口コミなどを参考に検討するとよいでしょう。

フィンペシアの購入者の口コミ・体験談

評価:★★★★ 40歳/男性
抜け毛が少なくなって、しっかり発毛も。数年前から利用しています。これからも続けていくつもりです。

評価:★★★ 35歳/男性
副作用にやられた。飲んで1週間でリタイア。

評価:★★★★★ 29歳/男性
20代後半になった途端一気にきました。病院へ行くのも恥ずかしいし、ここ数年このお薬を飲み続けています。 効果が出てくるのは徐々にといった感じですが、確実に毛根復活中です。

評価:★★ 36歳/男性
いまいち。しばらく続ければ多少の効き目があるんだろうけど、 短気な自分には続けられませんでした。

評価:★★★★★ 57歳/男性
5回以上購入しています。嬉しい効果。 薄毛を見られるのが恥ずかしくてしょっちゅう帽子をかぶっていたけど、 そんな自分とおさらばできました!

評価:★★★ 35歳/男性
副作用にやられた。飲んで1週間でリタイア。

フィンペシアを利用している人の体験談

年齢:48歳 自営業

もともと髪の量が多いほうで、毛根もしっかりしてる方でした。
そんなわけで自分が薄毛に悩むことになろうとは露ほども思わず、パーマをあて、カラーリングを施し、やりたい放題やった若い頃のツケが40過ぎてから一気に回ってきました。気分は最悪です。はじめは友人が通っているクリニックを教えてもらい通っていたのですが、続けなくては意味がないと散々言われたAGA治療、お金に余裕が無いという悲しい理由で断念せざるをえませんでした。

でも治療は諦めたくなくて、何か他にいい方法はないものかとネットを見ていたとき、フィンペシアというAGA治療薬の存在を知りました。 まず目を引いたのは値段の安さです。あまりにも安いし、海外からの輸入なんてしたことないしで不安はありましたが、藁にもすがる思いで購入してみました。飲み続けて1年程たちますが、抜け毛が減って、新しい毛も生えてくるようになって、万々歳です!思い切って買ってみてよかったと思っています。

安く購入できる通販サイト

個人輸入代行業者はいくつも存在していますが、中でも、AGA治療薬やED治療薬、認知症、ニキビ治療、など多種多様な薬を取り扱っているのがお薬なびというサイトです。ペットの薬を輸入する、くすりペットなび、サプリメントを輸入するサプリナビも姉妹サイトとして存在しています。メールのみで注文を受け付けるサイトが多い中、お薬なびは電話やFAXでの注文も可能ですから便利です。

支払い方法は、銀行振り込み、もしくはクレジットカードが使用できます。発送は海外からになるので、「きちんと届くか不安」という方もいらっしゃいますが、お薬なびでは商品の追跡ができるので安心です。配送されてから手元に届くまでにかかる日数はおよそ7~14日後で、郵便局留めも出来ます。

送料は全国一律1,000円と分かりやすく、10,000円以上の購入で無料となります。ところで、個人輸入で最も懸念されるトラブルといえば、商品の相違、商品の破損ではないでしょうか。そのようなトラブルが起こってしまった際、お薬なびでは、問い合わせをすると新たにサイト側負担で商品を配送してくれるという親切な対応をして

フィンペシアとはどういう薬?

薬

フィンペシアは、インド第2位の製薬会社で製造して販売している、薄毛を治療する為の内服薬のことです。日本国内での処方や市販はしていませんが、薬事法に則り、海外の通販サイトや個人輸入代行業者などを通じて手に入れることが出来るので、国内でも利用している方が多い薬です。男性型脱毛症が原因で起こる、抜け毛の予防、発毛と育毛への効果があり、日本の病院などで処方されているプロペシア同様、フィナステリドという成分を同量含んでいるため、とても高い効果が見込めます。プロペシアに比べて断然安価に入手が出来ることはもちろんですが、実際利用している方たちからの「効果がありました」との声も多いことから、とても人気が高まっています。

フィンペシアが合う人

男性型脱毛症になった方は、男性ホルモンの影響により、薄毛の原因になっている物質とされるDHTが生成され、結果的に脱毛因子の働きが活性化することで前髪や頭頂部の毛髪が薄くなったり、毛髪数が減少する症状に見舞われます。 症例としては、前髪生え際のM字や頭頂部のO字、混合型のU字はげなどがあり、男性型脱毛症は前頭部や頭頂部に現れる場合が主とされています。

また、薄毛の原因になる物質が作られることに伴って、皮脂の分泌が過剰になることもあるようです。この原因になる物質が作られることを抑制するために効果的な、「フィナステリド」という成分を含んだフィンペシアが、男性型脱毛症の原因に対処してくれる薬です。 以上のことから、フィンペシアを使用するのは、あくまでも男性型脱毛症を患っていて、それによって前髪の毛質が柔らかくなったり、頭頂部やつむじの周辺の毛髪量が減っている方が向いているといえます。

フィンペシアが合わない人

男性ホルモンの影響以外の原因で薄毛になっている方は、この治療薬での効果は期待出来ないかもしれません。さらに、男性型脱毛症にかかっていてたとしても、フィンペシアで改善に向かわない方もいるのが現実です。何故かというと、個人によって体質が違うからです。DNAや血液の状態は人それぞれ異なりますから、それによりフィンペシアで効果の出る人、出ない人に分かれてしまうのです。

毛髪の検査やDNA分析、血液検査などは、AGA治療をしている病院またはクリニックで診断してもらえます。 検査をしてもらい、もしプロペシアやフィンペシアに含まれるフィナステリドで効果が期待出来ないという結果が出た場合は、他の治療法を探す必要があります。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック

男性型脱毛症の治療薬としてメジャーなプロペシアの後発医薬品は数種類ありますが、中でもインドのシプラ社で製造されているフィンペシアは、プロペシアと同じ量のフィナステリドを有しており同じ効果が期待出来る上、かなり安く手に入ることから特に人気になっています。 世界中の多くの方たちが使用しているため、日本でも知っている人が多く、個人輸入の商品のなかでも不動の地位を誇っている治療薬といえます。

薄毛の治療は長期戦で、最低でも半年はかかると言われていますから、病院へ通いプロペシアを使用していた方が、費用を抑えるべくフィンペシアに切り替えたというケースも多くあります。そんな方たちからも効果があったと言われ、確かな実績がある薬ですから、安心して飲み続けることが出来るはずです。

フィンペシアの効果

頭

フィンペシアには薄毛の改善をしていく効果が期待出来ます。フィンペシアに含まれるフィナステリドという成分は、男性型脱毛症の要因の物質、DHTが作られることを止めてくれる働きがあり、この働きのおかげで抜毛を減らし、発毛が促進していくことができます。 個人差はあるものの、同じくフィナステリドを有効成分にしているプロペシアによる発毛の効果は、12か月でおよそ60%、2年でおよそ70%、3年でおよそ80%の方にあったとされています。

日本皮膚科学会におけるAGA診療指針において、フィナステリドを服用する治療は最高ランクと推薦されるほどですその成分を含むフィンペシアにおいても同等の効果があると期待され、高額のプロペシアからフィンペシアに切り替える若い方も増加傾向です。

フィンペシアの効果は即効性ではない

フィンペシアには即効性はないです。長期間に渡って継続して飲むことで効果が発揮されていく薬です。まず、薄毛に悩んでいるという事は、既に髪の毛がないか、これから薄くなる前の予防や対策を検討している方だと思います。フィンペシアは市販で買える風邪薬のようにすぐに効くという薬ではなく、ゆっくり長い間時間をかけることで効果が出てくる薬です。つまり継続して服用していく為の根気も必要という事です。

このフィンペシアは一定感覚のタイミングで飲む事で効果があるとされています。フィンペシアを服用している方の中にはフィンペシア1錠を1日3回に分け、朝、昼、夜の食後といったように服用されている方もいます。1錠を朝に服用する方、昼に服用する方、夜に服用する方と個々によって異なり、フィンペシアの効果については飲み方に決まりがない事が伺えます。フィンペシアの効果的な飲み方については後ほどお話します。

ただ、フィンペシアに関して臨床試験では、効果を測定するために服用する時間を一定に保ったといった報告がされており、結果としてAGAの進行が100%に近い確率でストップしています。更にいうと、服用の継続によって育毛効果がとても高い確率で成功したとされる例も報告されています。当然、効果のありかたは個人に差がありますが、大幅に効果がないなどという事は考えにくいです。 服用後24時間はフィンペシアは体の中で活躍しています。言い換えると、24時間を過ぎてしまえば効果が失われるのです。

例として、1日目は朝9時に服用しました。であれば、2日目の朝9時までは効いています。ところが、2日目は朝10時に飲みました。こうなると、9時から10時までの1時間、薬効のない時間が発生します。その時間は体の中のフィナステリドが無い状態の為、薄毛の原因物質を制御する働きが機能してません。

ですから、フィナステリドを一定上体の中に保っていくべく、毎日自分で定めた時間を守って飲み続けていくという事が必要になるのです。 以上の事からも分かるように、フィナステリドは体内に24時間しか居られず、体内からその成分が消えてしまうと同時に、止まっていたAGAが再度進行しはじめることになります。そうさせない為に、24時間絶やすことなくフィナステリドを体の中に存在させておく事が大事ですから、服用する時間を一定にして、とにかく続けることを重要項目として念頭に置きましょう。

フィンペシアの副作用って知っていますか?

薬

フィンペシアは、フィナステリドを含む後発医薬品の中でも特に人気のAGAを治療するですが、日本では未承認の薬ですから、許可されてない薬を飲んで本当に問題ないか不安が残ります。その効果は当然として、どんな薬にも多かれ少なかれある副作用が最も気になる部分です。 フィンペシアは日本で許可されていない薬なので、副作用の確かな情報を得ることは簡単ではありません。

どのような症状があるのかを知るためには、ネットを駆使していく事になりますが、情報が錯綜して一部分の症状しか探し出せないなど、重い副作用もあるということを把握できていない方も多くいるのが実状です。重い副作用の詳細は後ほど紹介していきますが、副作用は国内の処方薬でも、市販の薬でも発症しうるものですから、薬には良い面だけでなく、その反面もあると頭の片隅に入れておきましょう。 フィンペシアでAGAの治療をしていこうと考えた際、効果と同時に気になる副作用、まずは、多くの憶測が飛び交う血圧との関係性についてですが、結論、フィンペシアは血圧に影響しません。

高血圧だろうと低血圧だろうと、飲んで問題ありません。血圧の事が言われる原因は「ミノキシジル」という別のAGAの治療薬の存在が関係してるのではと考えられています。ミノキシジルは今ではAGAの治療に使われる薬として名を馳せていますが、当初は血圧を下げるためめの降圧薬としての方が有名でした。 降圧薬として使用していた方たちから、副作用で体毛が濃くなったとの症状が発見されたのが始まりです。同じAGA治療薬ですので、いつの間にかミノキシジルと同じく血圧に対して何かあるのではないかと噂されるようになったことが主な要因とされています。

その他の気になる副作用に、男性機能の低下が挙がっていますが、これは実際に起こりえます。フィンペシアに含まれるフィナステリドという成分が、直接的ではありませんが男性ホルモンに影響を与える為です。前立腺の検査をされる方は値が低く出てしまう事も考慮して、前もって病院側へ伝えましょう。

次に、肝機能に対しての副作用もあります。第一、肝臓で代謝されていく医薬品は肝臓に負担がかかります。ですから、もともと肝機能がよろしくない方にはフィンペシア含めAGA治療薬は推薦しません。ついでに言うと、お酒をよく飲まれる方も肝臓に負担がかかっていますから、服用している間、大量にお酒を飲む事は可能な限り控えるようにしていきましょう。

フィンペシアの重篤な副作用について

では続いて、重い副作用にはどのような症状があるか見ていきます。先ほどから申し上げているように、どんな薬にも副作用はあるものです。それは症状が軽い重いに関わらずです。発症は稀ですが、可能性はあるのですから、起こりうる現実と受け止めておく必要があります。

フィンペシアの副作用を調べようと考えた時に参考になるのは、同じ量のフィナステリドを含んでいるプロペシアです。この薬は日本で承認され、処方薬としてメジャーな医薬品ですから、厚生労働省などによって科学的な情報がぎっしり詰め込まれています。その情報を参考に調べた所、フィナステリドを含む医薬品にはかなり重い副作用を発症する危険性を伴うことが分かります。

厚生労働省も注意喚起を出しているかなり重い副作用として、男の胎児の生殖器に異常をきたす危険性が挙がっています。先に説明した副作用で、男性機能が低くなることをあげていますが、この事とは全く次元の違うお話しです。被害が自分ではなく、大切な大切な自分の子供にいってしまうのです。妊娠中や、妊娠希望の方は当然として、男性の精液にも微量ながらフィナステリドが移行すると判っていますから、十分に配慮しましょう。

別の副作用に、乳がんの報告もあります。男性でも乳癌になるのかと驚きですが、実際に報告があるのですから、服用中に胸に違和感がある場合は「もしかして」と気付けるように、記憶にとどめておきましょう。 他に、肝機能障害を発症する可能性がある事も考えられます。定期的に健康診断へ行っていたり、通院してる方の場合は早い段階で気づけますが、皆が皆そうとは限りません。

「自分の身は自分で守る」と意識して、体調の変化には注視する必要があります。自分は健康体だからと、献血を習慣にしている立派な方もいると思われますが、フィンペシアを含め、フィナステリド成分が入る医薬品を服用している人は、服用中に献血は禁止ですからその点お気をつけ下さい。 「困っている人のために」という意思は尊敬に値しますが、うっかり注意を忘れてたがために、良かれと思ったことが相手に新たな健康被害を発症させてしまう可能性がありますから、気をつけましょう。

どの薬でも副作用はあるものの、結局は全て自己判断、自己責任です。特にフィンペシアは国内で未承認の治療薬ですから、どういった事象があるか、きちんと把握し、恋人がいる方や家族がいる方は特に要注意です。

フィンペシアの効果的な飲み方

薬

フィンペシアは基本的に1日1錠飲むことを守れていれば、飲み方も飲む時間も決まっていませんから、自分の飲みやすい方法、飲む時間を決めて大丈夫です。先でも述べてたように、AGAはフィンペシアを飲めば一朝一夕で効果が出るというような簡単な症状では決してありません。 どのAGA治療薬でも言えるように、長い期間飲み続けて徐々に効果が現れる薬です。長い期間服用しなくてはいけない中、自分で服用のタイミングを決めらるのはありがたいです。

フィンペシアを服用中の方の中には、1錠をカッター等で分割して1日2回に分けて飲む方もいるようです。分割する際の注意点として、粉末を妊娠中の方や女性が触れてしまうととても危険ですから、分割した際は粉末の処理は徹底して下さい。この事からも分かるように、フィンペシアは服用法も服用する時間帯も様々です。ですが、効果を最大限発揮させるには最低限守るべきルールもありますので、その点を知った上で服用していってください。

フィンペシアの量はどれくらい服用すればよい?

フィンペシア1錠に含まれるフィナステリド量は1ミリグラムです。フィンペシアは1日1錠と決まっていて、同じ量のフィナステリドを含んでいるプロペシアも1日1錠ですから、要するに1日に摂取するフィナステリドの適量は1ミリグラムです。その量を越えて摂取をしても、効果が早く出るということは無いですし、副作用を発症する危険性が高まることに拍車をかけるだけですから、決められた1日1錠を徹底してください。

フィナステリドという成分は、日本皮膚科学会によるAGA治療のランク付けにおいて、Aランク=最高ランクの治療法です。このように、フィンペシアはきちんと効果があるとされる成分を含む薬ですから、用法と用量にも注意しなくてはいけません。副作用の発症率を上げて効果を下げてしまったなどという残念な結果を生み出さないよう、1日1錠1ミリグラムという適量で治療に臨んで下さい。

フィンペシアとミノキシジルの相性

フィンペシアと同じAGAの治療薬として人気のある薬に、ミノキシジルがあります。この2つの薬を同時に飲むと更に効果があるのでは?などと思う反面、副作用も心配です。 結論を言うと、この2つの薬は併用しても「問題なし」です。健康被害の報告は出ていませんし、無効化されてしまったという内容の報告も出ていません。但し、飲み合わせの健康被害が無いとの事であって、副作用を発症する確率は確実に高まりますから、併用中の方も、これから併用することを検討される方も、その点は考慮しておいて下さい。

フィンペシアはいつ飲めばよい?

フィンペシアの飲み方については大まかに先述しましたが、更に詳しく見ていきましょう。 服用は1日1回1錠、必ず毎日続けます。理由は、AGAの進行を止めてくれるフィナステリド成分が24時間以上は体の中に留まっていてくれない性質を考慮し、常にフィナステリドを体の中に存在させておくためでした。

上記の理由から窺い知れるように、1日飲み忘れたから翌日にまとめて2錠飲めば大丈夫というものでは決してないですし、1日1錠の上限を越えるのですから、普段以上に副作用を発症する確率が高くなります。 夜によく飲酒をする方は、肝臓への負担を配慮して朝食後に飲む、飲酒されない方は就寝前に飲むなどと決めておけば、忘れる恐れも少なくなるはずです。1回で1錠は飲みきれないという方は、1錠を分割して何回かに分けて飲む方法もあります。飲む時間帯は自分の良き時で大丈夫ですが、毎日同じタイミングで飲むルールはきちんと守り、効果が最大限発揮される服用法を実践していってください。

フィンペシアとアルコールの飲み合わせ

フィンペシアの服用期間は禁酒?と疑問をお持ちの方もいるでしょうが、飲酒をしてもフィンペシアの効果には影響ないので、絶対禁酒!という決まりは存在しません。これはお酒好きには朗報です。しかし、薬の効果に影響が無いとは言え、いくつか注意点が出ています。フィンペシアもお酒も、分解吸収する際には肝臓が大活躍してくれますので、同時に摂ってしまえば当然その分肝臓へ負担がかかります。

フィンペシアは長期間服用し続けていかないと効果ナシですから、服用している間は常に肝臓へ負担がかかる状態になっています。飲酒の際は数時間あけてからにするなど、なるべく肝臓への負担を減らすよう気をつけてください。ちなみに、お酒の大量摂取をすると、血液中の男性ホルモンを変身させ、最終的には抜け毛の原因物質を生み出すという恐ろしい現象が待ち受けていますから、飲酒をするとしても量は少なめにするなど考慮してください。

フィンペシアは女性が飲んではいけない

フィンペシアはAGAになった男性に向け作られた薬であり、女性向けには作られた薬ではありません。もし誤って妊娠中の方が粉末にでも触れてしまうと、胎児が奇形になってしまう事があると言われていますし、授乳中の方は母乳から赤ちゃんの体内へ流入の危険があります。 女性に対してはそれほど劇薬とも言えるのです。妊娠適齢期の方、妊娠希望の方や、未成年の場合は男女とも使用不可ですので、女性も、その周りで所有している方も、十分に気をつけてください。

そもそも、男性ホルモンを抑制する働きのある薬がフィンペシアですから、男性ホルモンがとても多い女性には効果が現れるかもしれませんが、基本女性が服用する必要は無い薬といえます。女性で、是が非でもフィンペシアやプロペシアを服用を希望するという場合は、事前に医師の話しを聞いてから決めることを強く推奨します。

フィンペシアと同じ作用をもつ薬

薬

フィンペシアと同等の効果が期待できる男性型脱毛症の治療薬として「プロペシア」が存在します。フィンペシアはこのプロペシアの後発医薬品として人気があり、日本でも男性型脱毛症の治療をする薬として許可され、病院治療の際によく使われている薬です。 入手方法として、男性型脱毛症の治療をしている病院などで診療してもらい処方薬として出してもらう方法、フィンペシアと同じように通販サイトから入手する方法があります。病院からもらう場合は診察料や交通費が毎回かかってきますし、個人で輸入をして買う場合もフィンペシアよりは値段が高い為、長期間使い続けるのですから、同じ効果があるフィンペシアに人気が集まるのは必然とも言えます。

薄毛について

ペン

「薄毛」とは一体何でしょうか。後ほど更に掘り下げますが、「薄毛」と聞くと男性に多い印象があり、最近はテレビ等でもAGA対策を謳う商品のCMも流れていることからその印象が強いです。とはいえ、男性に限らず、薄毛に悩む女性や、未成年などの若者もたくさんいます。 「薄毛=男性ホルモンの影響」とは言い切れず、原因や症状も様々です。生活習慣やストレス等、薄毛になるのは全て病気が原因とは言い切れませんから、普段の生活から気をつけていきましょう。

その他

ページの先頭に戻る